先手を打つ:あなたの空調システムは適応できますか?

進化する自動車およびトラックの設計と顧客要望は、車両の空調制御システムの進化を余儀なくします。電気自動車のテクノロジーを取り巻く進歩により、空調システムは、エネルギー消費を抑えつつ、バッテリーと高度システムを理想的な温度に保つ必要があります。

では、空調システムの設計はどのように進化するのでしょう?
プロトタイプによる設計後期でのテストでは、費用対効果やシステム統合、さらにマーケットニーズに沿ったタイムリーな改善を見込むことができません。SIMULIA PowerFLOWとSIMULIA PowerTHERMを活用することで、キャビン内のどの位置の温度でも測定することができ、HVACの設計判断に対するエネルギーの影響を調査し、複雑な熱の非定常性を評価します。さらに、人体快適性への熱の影響を、プロトタイプが完成する以前に可視化することができます。

 

 

 下記の課題をお持ちの方は、是非弊社へお問い合わせ下さい。

 

✔️ 初期にHVACシステムをシミュレートし、デザインの進化と共に統合された変更を確実にしたい

 

✔️ 長時間の熱ソーク状態など、リアルワールドの条件を3D形状へ適用したい

 

✔️ エネルギー消費を最小にしつつ、乗員の快適性を最大限にし、車両の航続距離を改善したい

 


動画

空調システム設計を動画で解説

 ホワイトペーパー

空調システム設計に対する今後の課題をご紹介

ウェビナー

EVの空調設計についてウェビナーでご紹介

eBOOK

シミュレーションの活用により、どのように新しい空調シスレムの課題に対応するか?eBOOKにてご紹介