設計がもたらす”違い”とは?

EV(電気自動車)と自動運転は、従来の車両設計に変化をもたらします。お客様と政府の“環境に優しい車”に対する要望により、長距離走行可能な信頼性のあるバッテリーの搭載が必要となり、車両空力に課されるターゲットは益々厳しくなります。しかしながら、EVの空気抵抗を低減するための設計変更は、汚れや埃さらに自動運転システムには致命的となるカメラやセンサーへの水汚れの付着を増加させる場合があります。

 

電動化と自動化が求められる一方で、設計とエンジニアリングチームは技術の変革に対応しなければなりません。SIMULIA PowerFLOW製品による空力シミュレーションでは、設計変更による影響が少ない初期段階において、精度よく実世界の条件を考慮しEV性能を予測することができます。製品開発部門では、車両空力と自律システムを同時に改善するための高価な物理プロトタイプの完成を待たずに、適切な設計変更を素早く決定することができます。

 

 下記の課題をお持ちの方は、お問い合わせ下さい。

 

✔️ リアルワールドでの条件を考慮しつつ空気抵抗を予測し低減し、バッテリー寿命と航続距離を改善したい

 

✔️ 実走行における汚れの付着パターンを確認し、自律システムのカメラやセンサー位置を改善したい

 

✔️ 設計後期での失敗を回避し、設計の初期段階で最適な設計変更を可視化/実施したい

 


動画

非定常によるシミュレーションによるEVの空力改善を動画でご紹介

 図解

自動車メーカーが抱えるEV設計の課題をシミュレーションでどのように解決するか?わかりやすい図解にて説明

ウェビナー

EVの空力が改善する設計変更をウェビナーにてご紹介

eBOOK(EV設計ガイド)

EVと自動運転に対する車両空力設計のキーコンセプトをご紹介