ウェビナー:電気自動車の空力設計

EVの空力設計

電気自動車と自動運転は、自動車業界が今一番注目している重要なテクノロジーです。未来のテクノロジーを設計するには、新しいアプローチ、手法、そして新しい分析が必要になります。

 

車両の空力を改善するデジタルシミュレーションと研究により、エンジニアは性能改善、エネルギーの節約さらに航続距離の改善をするための新しい手法の発見が可能になります。シミュレーションはさらに、車外に搭載されたカメラやセンサーを泥汚れや水など、視界の妨げになる付着を回避する車両形状を検討することができるため、自動運転に対する優位性をもたらします。

新しい車両設計に関する適切な判断により、空力抵抗の低減、バッテリーの長寿命化、さらには航続距離の改善も可能になります。しかしながら、従来のガソリン車と大きく異なる空力抵抗の課題は、OEMメーカーにとり新たな挑戦となっています。

 

7月26日開催の「電気自動車の空力設計」では、これら課題に対するデジタルシミュレーションを活用した解決事例をご紹介致します。

 

開催日時:7月26日(木)14:00~14:45

EVの空力設計HOME